1. TOP
  2. 空手の組み手が上達するステップの練習方法

空手の組み手が上達するステップの練習方法

空手の練習  

ステップの効果的な練習方法

空手のステップをうまくできるようにするには、何をおいても下半身のトレーニングが必要です。

足腰を鍛える基本はランニングです。

膝を傷めないように、ウッドチップのコースや砂浜でランニングできれば最高です。

ランニングシューズも足を痛めにくいものをはきましょう。

足腰のトレーニングと同時に「前後移動」の練習をしましょう。

腰の高さを中腰程度に落とし、前方の足を前に出し、重心を移動してから後方の足を引き寄せます。

上体がブレないように意識して、できるだけスピードアップしていきます。

まずはスピードより、上体の安定を意識しましょう。

この基本練習を徹底して繰り返し、できるようになったら、攻撃技を加えて前進する練習をします。

さらに、防御技で後退する練習も行いましょう。

基本動作ができるようになったら、技を出しながら、ステップができるようにしていきます。

空手でステップを練習する必要性

ステップは相手との間合いを計る場合に必要です。

空手で攻撃を仕掛けるためには、相手の間合いに入らなければなりません。

相手との間合いをはかるときにステップが重要になるのです。

ステップが上手い人は、どんな角度や体勢からでも的確に攻撃できるでしょう。

スポーツ空手の場合は、いかに効率よくステップを踏んで先手先手でポイントを積み重ねていくかが勝利のポイントです。

フルコンタクトの場合はステップを誤ると致命傷です。

一本勝負ですので、相手の動きを警戒しつつチャンスを引き込むステップが重要です。

ステップの種類

間合いを詰めるステップは2種類あります。

「寄り足」と「継ぎ足」です。

「寄り足」は、進行方向側の足を先に出し、後ろ足をそれにともなって引き寄せるステップです。

「継ぎ足」は進行方向に対し後方側の足を事前に寄せておき、進行方向側の足を技とともに一気に踏み出すステップです。

ステップの注意点

ステップの注意点は、相手に動きを読まれないようにすること。

頭の高さが変わったり、形が揺れたり、引き手を引く、足先が動くという動作があると、相手に読まれやすくなります。

こうした動作をせずに、自分の身体を前後に移動させることが上手なステップです。

ステップ練習で足の裏の皮が剥げたら

組み手で久しぶりにステップ練習をすると、足裏親指付け根の近くの皮がはげることがあります。

ヒリヒリしてとても痛いです。

普段の生活くらいなら、我慢もできますが、空手の練習はできなくなります。

何回も繰り返せば、その部分が固くなって丈夫になるものですが、痛い思いをするのはイヤですね。

処置としては、薬局で売っている「減菌ガーゼ」を小さく切って折りたたんだものを分厚くして患部に当てます。

そのガーゼが動かないように絆創膏を貼り、テーピングをしましょう。

毎日、患部を消毒して、同じことを繰り返すと痛みがひくのも早いです。

\ SNSでシェアしよう! /

空手道の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手道の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!