1. TOP
  2. 空手四大流派、糸東流の特徴

空手四大流派、糸東流の特徴

空手の流派  

空手四大流派、糸東流の特徴をまとめてみました。

糸東流の特徴

  • 首里手と那覇手両方の流れを組む
  • 空手以外にも琉球古武術の棒術、釵術を取り入れる
  • 神伝不動流などの本土の柔術を取り入れる
  • 型と組み手を体系的に結び付けている
  • 精神教育に重点を置く
  • 実践的な肉体鍛錬に重きを置いている

糸東流(しとうりゅう)の開祖

糸東流の開祖は、摩文仁賢和(まぶに けんわ)です。

糸東流は、松濤館流、剛柔流、和道流と並び、空手道の四大流派の一つです。

摩文仁賢和は、 唐手を創始した糸洲安恒より首里手を、東恩納寛量より那覇手を学びます。

摩文仁は、首里手、那覇手にとどまらず、兵役終了後、首里手、那覇手以外の形・技法を求めます。

沖縄の松村派、新垣派などの各派を修行しただけでなく、空手以外にも琉球古武術の棒術、釵術を学び、本土の柔術も学ぶというバイタリティを持っていました。

全ての技術と精神を融合、融和させて糸東流空手道を創始します。

糸東流はさまざまな武術を取り入れているため、単に突き蹴りだけでなく、投げ、逆技といった技術をあり、総合格闘技のようになっています。

とはいえ、基本を重視し、形という基本を守りながら、それを応用し、組手と結び付けていくことによって体系的に奥義を修められるようになっています。

開祖である摩文仁賢和は、精神教育を重視し、円満な人格の形成・向上を目指した指導をしていました。

糸東流の型

首里手と那覇手だけでなく、さまざまな武術を取り入れた糸東流は型の多さもハンパありません。

四大流派の中でダントツに型の数が多いのも特徴です。

  • ナイファンチン(初段・二段・三段)
  • 平安(初段・二段・三段・四段・五段)
  • 抜塞(大・小)
  • 公相君(大・小・四方)
  • 実手
  • 慈恩
  • 慈允
  • 腕秀
  • 鎮東
  • 鎮定
  • 鎮衆
  • ロ-ハイ(初段・二段・三段)
  • 五十四歩
  • 三戦
  • 転掌
  • セ-サン(十三)
  • セイエンチン
  • セ-パイ(十八)
  • サンセ-ル(三十六)
  • クルルンファ(十七)
  • シソ-チン(十九)
  • サイファ
  • ス-パ-リンペイ(壱百零八)
  • パッサイ・セ-サン
  • 二十四
  • 雲手(ウンシュ)
  • 壮鎮(ソ-チン)
  • 鶴法
  • 白鳥(ハフファ)
  • 二十八歩(ニ-パイポ)
  • 八歩連
  • ロ-ハイ
  • ワンカン
  • ア-ナン
  • ア-ナンコウ
  • 公相君(ク-サンク-)
  • 泊(トマリ)
  • バッサイ
  • 心波
  • 摩文仁賢和
  • 明星
  • 青柳
  • 十六
  • 松風
  • 新生

\ SNSでシェアしよう! /

空手道の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手道の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!