1. TOP
  2. 空手四大流派、和道流の特徴

空手四大流派、和道流の特徴

空手の流派  

空手四大流派、和道流の特徴をまとめてみました。

和道流の特徴

  • 発祥元が柔術のため、投技や足技が多い
  • 無駄な動きが少ない
  • 動き動作で突っ込み・流し突きなどがある
  • 開祖の大塚博紀は本土の出身

和道流の開祖

和道流(わどうりゅう)の開祖は大塚博紀(おおつか ひろのり)です。

空手四大流派の開祖のうち、松濤館流、糸東流、剛柔流の開祖が沖縄出身なのに対し、和同流の開祖、大塚博紀は本土の出身です。

大塚博紀は、神道揚心流、為我流の柔術を修得したのち、船越義珍・本部朝基・摩文仁賢和に学んだ空手や古流剣術の体捌きを加えて和道流を創始しました。

大塚博紀は和道流空手だけではなく、和道流柔術拳法も創始しました。

これは、神道揚心流柔術をベースに、為我流などの柔術諸流や空手の特長を加えたものです。

柔術拳法が伝授されるのは、和道流空手道の有段者のみとなっています。

柔術が先にあるのを感じますね。

和道流の型

和道流は、空手と柔道が融合した流派。

柔術が発祥となっているため、琉球空手が元となっている他の代表的な流派と比べると型も特徴的です。

開祖の大塚博紀は、和道流に16個の型を残しました。

  • 基本形
  • 平安弐段
  • 平安初段
  • 平安参段
  • 平安四段
  • 平安五段
  • ナイハンチ
  • 公相君
  • セイシャン
  • チントウ
  • バッサイ
  • ジオン
  • ニーセイシ
  • ジッテ
  • ローハイ
  • ワンシュウ

\ SNSでシェアしよう! /

空手道の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手道の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!