空手の流派

沖縄空手三大流派、上地流の特徴

投稿日:

沖縄空手三大流派、上地流の特徴をまとめました。

上地流の特徴

  • 中国拳法パンガイヌーンが基になっている。
  • 肉体を極度に鍛え上げる
  • サンチンの型を非常に重視
  • 心技体の基礎となる呼吸法を重視
  • 攻撃方法に指先・足先を使った技が多い

上地流(うえちりゅう)の開祖

上地流の開祖は上地完文(うえち かんぶん)です。

上地流(うえちりゅう)は、沖縄三大流派(剛柔流、上地流、小林流)のひとつで、沖縄空手の流派では比較的古い流派です。

上地完文が中国に渡り、中国の武人周子和に教えを受けたパンガイヌーン(半硬軟)拳法をベースに上地流を作り上げました。

首里手、那覇手、泊手などの手(てぃー)の流れではなく、本来の意味での唐手の傍流にあります。

上地流は肉体を極度に鍛え上げることで有名です。

型の練習のときには、道場によっては足をバットやビール瓶で叩くこともあるそうです。

実際の試合でも、防御側が払い受けをしただけで攻撃側が拳足を負傷し、退場したこともあるほどです。まさに鋼鉄の体ですね。

沖縄空手の中でも異色の存在です。

上地流は中国拳法がもとになっているので、攻撃に指先・足先を使った技が多いことも特徴です。

さらに、打撃技には正拳突きはなかったようで、四本貫手や拇指拳(掌底のような打ち方)を使うことが多いのも特徴です。

蹴り技においても足の指先を固めて蹴る足先蹴りなどがあり、上級者になると固めた足の爪先で板を蹴り抜くほどの破壊力があるのです。

上地流の型

上地流ではサンチンの型を非常に重視しており、これによって構え・体捌き・心技体の基礎となる呼吸法を重視しています。

  • 三戦(サンチン)

上地流の全ての型は「三戦」の諸原理によって規定されている。三戦は基本且つ絶対的な型ということです。

  • 完子和(カンシワ)
  • 完周(カンシュウ・第二セーサン)
  • 十戦(セーチン)
  • 十三(セーサン)
  • 十六(セーリュウ)
  • 完戦(カンチン)
  • 三十六(サンセイリュウ)

-空手の流派

Copyright© 強くなる空手道【組手・型の効果的な練習方法】 , 2017 All Rights Reserved.