1. TOP
  2. 沖縄空手三大流派、小林流の特徴

沖縄空手三大流派、小林流の特徴

空手の流派  

沖縄空手三大流派、小林流の特徴をまとめてみました。

小林流の特徴

  • 首里手の流れをくむ
  • 構えや呼吸法に無理がなく自然
  • 当て身の破壊力を養成することを重視
  • 力の取り方は、内から外へ

小林流の開祖

小林流の開祖は知花朝信(ちばな ちょうしん)です。

松村宗根(まつむらそうこん)から糸洲安恒(いとすあんこう)そして知花朝信へと受け継がれた伝統的な首里手の流れを受け継ぐ流派です。

小林流は糸洲安恒の弟子であった知花朝信が1933年(昭和8年)に命名した流派で、沖縄空手道三大流派(剛柔流、上地流、小林流)のひとつです。

小林流は一般には糸洲系統の型を受け継いでいます。

ただ、知花朝信は多和田真睦にも師事しているので、多和田(松村)のパッサイ(小林流・パッサイ大とも)や多和田のサイなどの型も継承しています。

また、知花の弟子達の中には知花以外の空手家に師事した者も多数いるので、現在の小林流では会派・道場ごとに型のパターンは異なっています。

小林流は知花朝信の死後いくつかの会派に別れ、日本本土より、海外に数多くの支部道場をもつ会派が多いのも特徴的です。

小林流の型

  • ナイハンチ初段~3段
  • ピンアン初段~5段
  • 糸洲のパッサイ・松村のパッサイ
  • クーサンクー大・小
  • チントウ
  • 五十四歩(ゴジュウシホ)
  • 鉄掌(テッショウ)
  • 普及型Ⅰ・Ⅱ

\ SNSでシェアしよう! /

空手道の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手道の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!