1. TOP
  2. 空手の流派はたくさんありすぎて違いがわからないという人へ

空手の流派はたくさんありすぎて違いがわからないという人へ

空手の流派  

空手には数えきれない流派があります。すべての流派を把握している人はいないでしょうし、その違いについても明確に説明できる人はいないでしょう。

柔道であれば、講道館がすべてですからわかりやすいのですが、空手の場合はそうはいきません。

流派によって、教える型、練習方法、試合のルールが異なります。

すべてを理解することは不可能ですが、ここでは伝統派空手とフルコンタクト系空手の違いについて特徴、違いをまとめてみます。

伝統派空手とフルコンタクト空手の違い・特徴

空手の流派の分け方もさまざまあると思いますが、ここでは大きく、伝統派空手とフルコンタクト空手に分けて、違いや特徴を考えてみます。

伝統派の特徴

  • 寸止めルールを採用
  • 試合用の練習のみで実戦を想定していない
  • スポーツ空手の色が強い

フルコンタクト空手の特徴

  • 直接打撃
  • 顔面攻撃が禁止
  • 顔面攻撃を想定しての受けの練習がない
  • 格闘技色が強い
  • 筋力強化を重視

ご自身が空手を習おうと思ったときや、お子様に空手を習わせようと思ったときの参考にしてください。

ルールが全く違うので、どちらが上ということはありません。

ちなみに、2020年のオリンピックで空手が採用されましたが、ルールはスポーツ空手のルールです。

\ SNSでシェアしよう! /

空手術の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!