1. TOP
  2. 空手の流派を種類分けしてみました。

空手の流派を種類分けしてみました。

 2017/06/18 空手の流派  

空手の流派はひとつひとつ把握しようと思っても、数が多すぎて不可能です。

ここでは、空手の流派を大きく種類分けするときの見方をお伝えします。

伝統派空手とフルコンタクト空手

空手の流派の種類は大きく分けると、伝統派空手とフルコンタクト空手の二つになります。

伝統派空手とは

伝統派空手とは、フルコンタクト空手や総合格闘技等で見られるKARATEではなく、ある程度の古流または伝統的な技術に基づいて稽古や試合を行う空手道。

一般的には直接打撃を避けた寸止め空手のことです。

伝統派空手の特徴

  • 礼節や哲学を重視する
  • フルコンタクト空手よりも型の練習を重視する傾向がある。
  • 段級位制を採用している。
  • フルコンタクトと比較して間合いが広く早い。
  • ローキックがない。

フルコンタクト空手とは

フルコンタクト空手とは直接打撃制ルールを採用する組手試合、また直接打撃制の稽古体系を採用する空手です。

極真会館のようにグローブ、防具なしの直接打撃制空手のことをイメージしますが、広義では防具付き空手もフルコンタクト空手です。

フルコンタクトという言葉が定着するまでは、より実践向けとして「実践空手」とも呼ばれていました。

フルコンタクト空手の特徴

  • 顔面や金的など以外への部位への付きや蹴りのダメージにより勝敗が決まる
  • 伝統派と比較して間合いが短い
  • 伝統派よりもコンビネーションがたくさんある

空手をはじめようと思ったときには、できれば伝統派、フルコン系と両方体験入門してみて、自分に合う空手を見つけましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

空手術の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

空手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!